アイキャッチ

特定相談支援Consultation

皆様の夢や希望に向き合い、
地域の中で誰もが自分らしく、
より豊かな生活が送れることを目指しています。

スタッフと利用者

当事業所では、気軽に相談できる地域の拠点となり、皆様と一緒に考え、ご希望にお応え出来るようなサポートを心掛けております。

特定相談支援事業とは・・・

障害福祉サービスを利用するためには、障害程度区分が決定された後にサービス等利用計画案を作成することが必要になります。あまーちマイプランは、障害のある人が暮らしていくうえで困難なことや希望していることをお聞きしながら、このサービス等利用計画案を作成する事業所です。またサービスの利用が始まった後は利用状況の確認(モニタリング)を行うとともに、障害の状況や生活環境の変化に応じて利用計画の見直しを行います。

サービス利用までの流れ

計画作成までの流れ

  • 利用者の日常生活全般を支援する観点から、利用者によるサービスの選択に資するよう、地域における指定障害福祉サービス事業者、指定一般相談支援事業者に加え、地域住民による自発的な活動によるサービス等も含めて、そのサービスの内容、利用料等の情報を適正に提供します。
  • 利用者及びその家族に面接して、利用者の心身の状況、その置かれている環境及び日常生活全般の状況等を確認し、利用者の希望する生活や利用者が自立した日常生活を営むことができるよう支援する上で解決すべき課題等の把握を行います。
  • 把握した課題等に対応するための最も適切な福祉サービス等の組合せについて検討し、利用者及びその家族の生活に対する意向、総合的な援助の方針、生活全般の解決すべき課題、提供される福祉サービス等の目標及びその達成時期、福祉サービス等の種類等を記載したサービス等利用計画の原案を作成し、利用者に交付します。
  • 支給決定等が行われた後に、支給決定等の内容を踏まえて変更を行ったサービス等利用計画の原案に位置付けた福祉サービス等の担当者を招集してサービス担当者会議を開催し、計画の原案の内容を説明するともに、担当者から、専門的な見地からの意見を求めます。
  • 担当者から専門的な見地からの意見を求めたサービス等利用計画の原案の内容について利用者又はその家族に対して説明し、文書により利用者の同意を得た上で、サービス等利用計画を完成し、利用者及び福祉サービス等の担当者に交付します。
スタッフ

サービス等利用計画のモニタリングを実施します。

利用者及びその家族、福祉サービス等の事業者との連絡を継続的に行いつつ、作成したサービス等利用計画の実施状況を把握し、必要に応じて計画の変更、関係者との調整を行います。

また、新たな支給決定等が必要であると認められる場合には、利用者に対し、支給決定等に係る申請の勧奨を行います。

ご利用について

現時点では新規の利用者様の受け入れは出来かねますので、ご了承ください。